ごえん農園 そば打ち挑戦

2回目のそば
3回目のそば

新年、そばうち道具一式持参で友人が来てくれた。
手ぎわ、手さばきも軽く、あっという間に「そば」が出来上がり!!
ツル、ツルのどごし、風味も良くいただきました。
-------
「道具は身近なものを活用」とアドバイスはもらったが、必要なものは購入した。
のし板 - しな合板 、 のし棒 - 麺用 、 こま板 - 端材で手作り
麺切り包丁 - リサイクルショップで購入。5,500円なり。  
-ーー----
そばうち 1回目(二八そば) → 厚みのある「きし麺」、胃がびっくりしていた。
2回目(そば粉200g、割り粉20g) → お湯でこねる。 
前回よりズーッと「そば」らしい。
3回目(そば粉200g、割り粉10g) → 水でこねる。  
1回目、2回目とも水の量が少なかったので、
ほぼ粉の半量の水を入れてみた。
うすく、よく伸ばすことができたが、そば切りが難しい!!   
ツルツルと食べることができ、

「そば、喰った-」と実感!!!

ごえん農園 そば試食

そば打ちマシーンを使って、そば打ち試食!
 そばの色(うす緑色)、風味がでている。
食して感動
まぎれものない「そば」!!
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
感謝!!!
自信を持って、そば打ち披露します。

ごえん農園 12月農作業

大根、こカブ、聖護院ダイコンの間引き菜とほうれん草を収穫しました。
春に植えたジャガイモをやっと掘り出し、
ジャガバタにして食べてみました。バターと相性よくおいしかった!!
しかし中が紫色に変色しているものもあり、食べるのをやめました。

ごえん農園 11月 唐箕試し

知り合いの農家さん宅で、唐箕を使ってそばの実の選別作業をさせていただいた。 ハンドルを一定の速さで回し、上から脱穀した枝葉混じりのそばを投入する。仕組みとしては簡素ですが、ものすごい働きぶりに感心!! 2度唐箕回しをしたソバの実。 本格的に選別作業をするには枝葉の整理が必要と実感。夜な夜な枝葉の取り除き作業を続けます。

ごえん農園 11月農作業 そば脱穀

そばの刈り取り作業(8日)から晴天が続き、そばの実もよく乾いている。機械がないので、手で脱穀を15日からはじめた。 20日に雨降り予報!! 19日中になんとかしたいと2人でもくもくと作業を続けた。 袋詰めが終わったらザッーと雨が降りはじめた。 なんとかそばの実を濡らすことなく、手脱穀完了。 さて、この次の作業は??

ごえん農園 11月農作業

8月8日に種をまき

ちょうど3カ月目、11月8日そば刈りを決行。

ステキなごえんメンバーに畑仕事ベテラン女性3人が応援に来てくれました。

朝10時すぎ、スタート

そばを束にし、束にした6束を立たせ島を作り終えたのは午後3時過ぎ!!

応援の女性3人のおかげで1日作業で終わることができました、感謝。

つぎの作業は??

そばが口に入るまでは、まだまだですが、年越しそばにまにあうか?

まにあわせます!!

ごえん農園 10月農作業

ごえん農園 9月そば畑

雨の合間を見て、第四農園へ
わずか一週間で、そばの花がほぼ満開
花の香りに誘われ、ハチやちょうちょなどの昆虫が飛び交っていました。
受粉がうまくゆくことを願うばかりです。